門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.02.17
2月市会本会議。予算議案の提案に当り、私の所信と大要を説明。コロナ禍と財政危機の「2つの危機」を乗り越え、市民の命と暮らしを守り抜く!持続可能な行財政の確立、魅力や活力溢れる京都を未来へ!改革への決意を含めて説明。 来年度予算案(2月補正と一体で編成)に込めた思いと具体的な施策、そして徹底した市民参加で進めてきた新たな「京都市基本計画」等についても説明。

まずはコロナ対策!極めて重要なワクチン接種事業はじめ 感染拡大防止と市民生活・京都経済の下支えに向け全庁挙げて取り組みます。
危機的な財政状況の克服へ!6つの改革の視点及び、「持続可能な行財政審議会」における公開での議論を踏まえた抜本改革を進めてまいります。
そして未来へ!令和7年までの市政運営の羅針盤、京都市基本計画「はばたけ未来へ!京プラン2025」を提案!来年度予算は、その8つの重点戦略(①世界の文化首都・京都戦略、②脱炭素・自然共生・循環型まちづくり戦略、③担い手成長支援戦略、④地域力・福祉力を高めて支え合うまちづくり戦略、⑤強靭なインフラ整備戦略、⑥土地・空間利用と都市機能配置戦略、⑦社会・経済価値創造戦略、⑧観光の京都モデル構築・発信戦略)及びその推進基盤となる行政経営の大綱に沿って編成。
最後に「世界の文化首都・京都」へ!京都市立芸大新築工事請負契約の締結についてご説明。
市会議員の先生方としっかりと議論し、持続可能な行財政の確立へ、魅力・活力あふれる京都を未来へ継承・発展させるため、全力を尽くしてまいります。