門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.07.05
続いて、環境省と経産省へ、指定都市エネルギー協議会として、鈴木浜松市長、髙島福岡市長、清水さいたま市長と共に国への政策提言!ご対応いただいた環境省 笹川博義 副大臣、経済産業省 長坂康生 副大臣に深謝。

自然エネルギーに基づいたまちづくりは気候危機への対応や防災・減災に繋がるのみならず、地域産業・地域経済への貢献、スマートシティの実現などにおいても大切であり、自然エネルギーの普及・拡大は今後ますます重要に。
コロナ禍による社会構造やライフスタイルの変化をチャンスととらえ、自然エネルギーに基づいた社会への転換につなげていく必要があります。
指定都市協議会としての提言を説明し、国の踏み込んだ政策の進化、自治体の取組への支援を要請し意見交換しました。指定都市も国と連携し、近隣の市町村とも水平連携を強め、全力投球します。
<提言内容>
①自然エネルギーの最大限の導入及び活用に向けた目標値の設定(45%を!)
②大都市の特性を踏まえた自然エネルギー需要拡大策の強化
③自然エネルギーの導入・活用を促進する基盤の整備
④新たな技術的・社会的イノベーションの推進
⑤自然エネルギーの導入・活用に向けた予算存置等の充実


今月の記事

アーカイブ