門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.05
昨夜、オンラインでドイツでの会議に参加。持続可能な世界の実現、発展へ!国際・都市間連携強化!「協調的気候変動 -G7からCOP27までの自治体政策-」に、日本の指定都市市長会を代表して参加し、ドイツ・ハイデルベルク市 エッカート・ビュルツナー市長、南アフリカ地方自治体協会 ドーラ・マレさんらと会談。

気候変動や生物多様性などの環境問題の解決に向け、実例も交えた未来志向で実に有意義な意見交換。国際・都市間連携を深化させ、これからも共々に脱炭素はじめ様々な環境課題解決に向けた取り組みに全力を尽くすことを誓い合いました。
特に、来年G7が日本・広島で開催。それに合わせてU7も開催。国際都市間連携の強化が課題です。
ドイツ連邦経済協力開発省 ヨッヘン・フラスバルト長官、イクレイ世界理事局 ユヌス・アリカンさんの挨拶・基調講演に続き、私も発言。
気候変動はじめ環境問題は世界共通の大きな課題であり、世界規模で都市間連携を図りながらあらゆる主体が一丸となって取り組むことが不可欠。
京都市としても、指定都市市長会のネットワーク、イクレイ、世界首長会議の連携も活かしながら、積極的に行動し、力を尽くしていく決意を新たに。


今月の記事

アーカイブ