門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.09
今日は早朝から北九州市へ。「指定都市サミットin北九州」。先ずはこども・教育・文化部会に部会長として出席。「こども家庭庁」の来春発足を控えて、こどもの最大の利益、「こどもまんなか社会」へ!我が国の子ども施策のあるべき姿を示す提言について、市長会議への提出前に議論を深めました。

本日の部会では、生きづらさを抱える子どもへの支援を行っておられるNPO法人アスイク 大橋雄介 代表をお招きし、「こどもまんなか社会の実現に向けて、政令指定都市に求められること」について、実践に基づいた講演と意見交換。実に有意義に。
指定都市市長会では、「こども・教育・文化部会」を設置し、我が国の子ども、教育、文化施策等のあるべき姿を示す提言等をまとめます。少子化に歯止めがかからない厳しい状況下、コロナ禍などで子どもや若者、その家庭が抱える課題は深刻化。またニーズは多様化。国が掲げる「こどもまんなか社会」の実現に向けて、より国民的議論の深化と施策の抜本的拡充が必要です。
あらゆる分野で「子ども・若者の最善の利益」が大切にされる社会の実現を目指し、これからも共々に全力を尽くすことを誓い合いました。皆さんに深謝。


今月の記事

アーカイブ