門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.09.06
祝!全国蒲鉾青年協議会50周年 全国から200名ものリーダーが京都に!記念大会・懇親会!初めて蒲鉾が文献に登場したのは1115年、平安時代の京都!

52組合、傘下企業数は約800社という、蒲鉾やちくわなどの製造業の皆さんによる全国蒲鉾連合会(全蒲)の青年部。美濃松謙前会長、松澤誠新会長、そして親組織の鈴木博晶会長を先頭に、国民の食生活、食文化の中核を担う蒲鉾の魅力の発信、後継者の育成の活動等にご献身。厳しさもある業界ですが、大変なご尽力に敬意と感謝。6月に改正施行された文化芸術基本法では「食文化」が明記。皆さんと共に、ユネスコ無形文化遺産・和食に代表される日本の食文化と蒲鉾の文化を継承されていくことを誓い合いました。人羅淳士実行委員はじめ京都の皆さんのご尽力にも感謝。