門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2017.09.13
地域の産業振興や新産業創出にもご尽力 京都工芸繊維大学 古山学長、森理事・副学長、ペッツォッティ・ジュセッペ副学長、砂田真也研究推進課長がご来庁、懇談。

伝統文化や伝統産業との結び付きが深く、大学の研究成果を社会に還元され、地域の発展にご貢献。「知と美と技」を探求する独自の学風を築かれてきた京都工芸繊維大学。私も経営委員を勤めてます。これまで、本市と工繊大学は連携協定を結び、地域産業の振興や新産業の創出など相互に連携・協力を深めてまいりました。また、トリノ工科大学「建築・デザイン」、「科学」の分野での共同研究などイタリアとの連携を深められています。11/1(水)には国際シンポジウム「Italy Meets Asia2017 in KIT」をご開催、両国の研究者による科学セミナーが実施されます。その場でマルコポーロイタリア科学賞の受賞式もご開催。
イタリアとの交流深化に向けた積極的なお取組が心強いです。これからも伝統、産業、文化、観光、学術などであらゆる分野で、両国、そして都市間、大学間の友好、交流を深めてまいります。