門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.09.29
国際消防救助隊として、メキシコ大地震の救助活動に従事していた消防隊員が無事に帰国!報告を頂きました。

多くの建物等が倒壊し、たくさんの犠牲者が出たメキシコの大規模地震。心が痛みます。
地震発生直後に急遽、日本政府の要請を受け、本市から国際消防救助隊として派遣された消防司令補、竹中龍吾 隊員、木俣智行 指令、中川和将 隊員が救助活動の任務を終えて帰国。
皆さんは、世界各地からの隊員と共に、多くの被害が出たメキシコシティで救助活動に献身。余震が続くなか、倒壊した建物のコンクリートを破りながら侵入しての救助活動、まさに自らの身の危険も迫る中での活動。頭が下がります。
皆さんから災害現場の詳細な内容をお聞きし、京都のまちの防災対策にも活かし、しっかりと取り組んで行くことを改めて胸に刻みました。