門川大作OFFICIAL

活動日記

2017.12.15
「クリエイティブな暮らしとは~センサーイノベーションの現在~」をテーマに、35回目の「2017比叡会議」@比叡山 社会貢献活動にご熱心な日本IBMさんらのご主催

京都ならではの興味深いテーマ、参加者もクリエイティブな方々!是非とも参加と念じてましたが、他の公務でご挨拶のみに。残念無念。比叡会議は各界のトップリーダーの皆さんをメンバー・世話人に、京都や世界の未来を語るフォーラム。日本IBMさんは平成25年、「歩くまち・京都」を「スマーターシティーズ・チャレンジプログラム」に選定、未来を見据え歩いて楽しいまちづくりをご提言頂きました。これをきっかけに、産学公連携の下、「京都未来交通イノベーション研究機構」を設立。ICTを活用し、自動運転をはじめ人と物の安全・快適・効率的な移動に資する技術やサービスの開発研究を行っています。
さて、本日の「比叡会議」では、カーネギーメロン大学 金出武雄教授、京大生態学研究センター 高林純示 教授、日本IBM 薮下真平専務らを講師に迎え、最先端のセンサー技術や動植物の持つ天然のセンサーの対比などを通じて、コミュニケーションのあり方を探るという大変興味深い内容!これからも、皆様と連携し、伝統と革新のまち・京都から時代の先端を切り拓く取組を進めてまいります。