門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.03.06
東京一極集中を是正し、地方創生へ!指定都市市長会シンポジウム。早朝から東京へ。パネラーを務めました。

文化庁地域文化創生本部 松坂浩史事務局長らのリレートークでオープニング。文化庁の機能強化と京都への全面的移転!その意義と、生活文化「食文化の振興」などを例に、文化芸術立国、地方創生の取組などを分かりやすくお話し。そして、林 横浜市長、鈴木 浜松市長と私で、「地域の連携によるまちの賑わいづくり」、「地方創生・地域活性化策(活躍できる未来に向けた構想)」、「指定都市の役割、多様な大都市制度や地方分権の必要性」等をテーマにパネルディスカッション。フリーキャスターの小島慶子さんが進行を努めてくださいました。
皆さんとの建設的な議論。「二重行政の解消」や「政策の融合」など、地域の実情を最も把握している指定都市が市民のために決定していける仕組みづくり、そのための権限や財源の移譲の必要性等について意見を述べました。基礎自治体が住民や事業者と連携し、各地の強みを生かした地方創生への取り組み!横浜、浜松と共に京都の挑戦も関心を持ってお聞き頂きました。期待の高さを実感したシンポジウムでした。関係者の皆さんに心から敬意と感謝。


今月の記事

アーカイブ