門川大作OFFICIAL

活動日記

2018.08.10
音楽をはじめ芸術を通じた交流の促進を!姉妹都市・西安から、中国の伝統音楽を学ぶ「西安青少年宮」の教員、生徒の皆さんがお越しに。寺田議長、湯浅副議長と共に歓迎!

西安とは姉妹都市として長く友情を育み、京都市が会長を務める世界歴史都市会議の副会長でも。昨年7月には、日中国交正常化45周年を記念して市立塔南高校の生徒15人が西安を訪問し、書道等を通して文化交流。また今年5月には、西安外国語大学の王学長、先生方、学生さんがお越しに。友情を育んできました。
西安青少年宮は、書道、絵画、武術、西洋楽器、民族楽器、踊りなどを子どもたちに教え、海外でも広く公演。今回お越しの13人の生徒さんは、琵琶、竹笛など中国の伝統楽器のスペシャリスト。市立西京高校・附属中学校の生徒や南区の子どもたちと、音楽を通じた交流を深められました。
こうした都市交流・市民交流活動の積み重ねが日中友好につながっていくことを確信!これからも西安市、パートナーシティの青島市をはじめとする各都市との友好の深化へ、力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ