門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.01.31
全ては子ども達のために!産・学・地域連携で子ども達の「生きる力」を育む!祝!「京都まなびの街 生き方探究館」10周年記念式典。開館以来、26万人が事業に参加。村田純一館長、市民ボランティア、産業界、学識者はじめ運営にご貢献の皆さんに敬意と感謝。企業・団体の皆さん等に感謝状を贈呈。

子どもたちが社会や経済の仕組みを学ぶことは、進路選択や将来設計でも重要!京都市では、「生き方探究教育」として、「京都まなびの街・生き方探究館」を拠点に、教育界、経済界、学識者、市民ボランティアの方々のご参画により、「スチューデントシティ・ファイナンスパーク学習」や「京都モノづくりの殿堂」を実施。職業観・勤労観を育むだけでなく、自らの生き方を考える京都市版キャリア教育です。
私が教育長当時、「学校での学びと家庭・社会生活」「学齢期の学びと社会に出てから生きていく力」のかい離を埋めようと、初代館長をお務めいただいた故 堀場雅夫さんをはじめ多くの方々と侃々諤々の議論を経てスタート。改めて感慨深いです。
昨年、文科省の調査で市立小学生の学力が政令市トップになるなど、この間、京都市の教育改革は市民ぐるみで輝かしい前進!これからも子どもたちを社会の宝として大切にしてきた「はぐくみ文化」の更なる実践、発信に努め、共々に「教育・子育て環境日本一」のまちづくりに邁進します。


今月の記事

アーカイブ