門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.03.09
「市民のお墓」深草墓園の「春季式典」。天気にも恵まれ実に沢山のお参り!。厳粛かつ温かな雰囲気の中、先人の方々に感謝し、京都のまちをしっかりと守り、発展させていくことを誓い合いました。京都府宗教連盟加盟宗教団体が順にご奉仕頂く遺族有志の主催の慰霊祭は「天理教京都教区」がご奉仕頂き厳かに!深謝。

昭和33年に開園し、世のため、人のため、またご家族のためにと献身され、今日の平和で豊かな社会の礎を築いてこられた方々が、宗教・宗派の別なく、自然豊かな深草の陵で眠っておられます。本市主催の式典に続き、 遺族・有志の皆さんがご主催の式典が開催。京都宗教連盟に選ばれた団体が宗派を超えて順番にご奉仕、今回は天理教がご奉仕。深謝。深草墓園では、公営墓地で西日本初となる「樹木型納骨施設」が完成し、4月から供用開始。梅や桜、楠などの樹木と四季折々の花に囲まれた墓地公園に。これからも市民の皆さんにとって心安らぐ場所であり続けるよう努力していくことを改めて決意。深謝。