門川大作OFFICIAL

活動日記

2019.04.01
令和の時代の市政を牽引する強力な執行体制を実感!各局長、区長、政策監等、幹部職員の力強い決意表明、嬉しく心強いです。新体制初の局区長会で平成を締めくくり、令和の時代へ、方針を共有!

私から①SDGsの達成とレジリエンスを市政の基本と捉え、持続可能なまちづくりを進めること ②今と未来を見据え、積極果敢にチャレンジ ③「京都ならではの働き方改革」の実現等をお願い。特に、①過去の延長でない仕事を!新たな視点で改革、実行。②人間を大切にする視点での働き方改革!、これは生き方改革であり、文化のある生活、地域社会に市職員が率先垂範。③職員を育てる!そのことに 各職場で意図的にとりくむ。④京都の最大の宝!地域力、市民力を生かして育む。⑤持続可能な財政の確立へ、全庁挙げてあらゆる知恵をつくす。この間、京都の都市格は大きく向上!その成果を生かし、京都の今と未来のため力を尽くすことを誓い合いました。