門川大作OFFICIALサイト

活動日記

2019.06.13
今年のテーマは「ドキドキ ワクワクの共有!」和装の魅力発信に創造的にご尽力!京都染織青年団体協議会 会員大会。長谷川浩一会長はじめ皆さんと共々に、京都・日本の文化を支える和装産業の未来を切り拓くことを誓い合いました。

京都織物小売協同組合青年部、京都織物卸商業組合青年部会、京都工芸染匠協同組合青年部、京都呉服青年会、京都友禅青年会議所、西陣織物産地問屋協同組合青年部会の6団体で構成。生産から流通、小売、加工に至るまで、和装業界の若き担い手が幅広く集われ、業界を横断する連携により志高くご活動。
昨年は大原服飾専門学園と連携し、若い感性により制作された着物や帯の展示、子どもたちがきものに親しむ体験ブースなどの「きもの和ッザニア」をご開催。今年はきもの婚活をご計画!伝統産業は厳しい状況にありますが、青年団体の皆さんの斬新なアイデアや熱意溢れるご活躍が業界の活性化をけん引されるものと確信!京都市もしっかり連携し、共々に頑張ります!