門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.01.28
「新型コロナウイルス」が本日、国の「指定感染症」となったことを受け、第2回「対策庁内連絡会議」を開催。1/22の第1回会議以降、各局区等において、関連施設・団体への注意喚起や正確な情報発信・共有、公共施設等での感染予防策の徹底、宿泊施設への影響の調査など、着実な取り組みを確認。引き続き、市民の皆さんの命と健康を守るため、全庁一丸となり全力を尽くします!

本日の国の指定により、医療機関には患者発生の届出が義務付けられ、法に基づく感染拡大防止のための調査(積極的疫学調査)の実施や、患者さんへの入院勧告・強制入院も可能に。
京都市では、1/22に第1回対策会議を開催し、新型インフルエンザをはじめこれまでの感染症対策で積み重ねてきた経験をいかし、市民の命と健康を守るため、万全の準備を整えることを確認。また開催後、速やかに市内の宿泊施設や学校、幼稚園、保育所、大学、福祉施設等に対し、正確な情報収集・発信・共有など適切な対応を依頼。また中国から帰国・入国された方向けの注意喚起リーフレットを日・中・英の3か国語で作成し、京都市情報館や観光オフィシャルサイト等に掲載。さらに関連団体への聞き取りや58ホテルへの緊急調査等により、キャンセル等の状況や経済への影響の把握にも努めてます。
感染症対策は「正しく恐れる」ことが何よりも大事。今回の指定を受け、国の動向も注視しながら、さらなる対策を徹底します。
風邪やインフルエンザが流行する時期でもあり、まずは通常の感染対策が重要!引き続き、咳エチケットや手洗いの徹底をよろしくお願いします。

【緊急情報】中国湖北省武漢市で報告されている新型コロナウイルスに関連した感染症について