門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.02.15
「第62回書窗展」@市美術館別館。橘書道会のご主催。会場には今回も素晴らしい作品が多数展示。特に、前会長・島田雨城先生の遺徳を偲ばれ島田雨城先生の詠まれた短歌を門下生が作品に!80もの詩と作品に改めて心から感動。橘書道会の皆さんにあらためて敬意と感謝。

昭和11年に発作した橘書道会。書作品を作るだけでなく、そこに書かれている言葉、短歌も自分で作る「自詠歌書」の普及に努められています。また、一昨年、91歳でご逝去された島田雨城先生が長く会長を務められ、後継者の育成、京都の書の文化の振興にご献身。私の尊敬する偉大な教育者でもあられ、校長や京都市教育委員会の指導主事等を勤められた島田先生とは私も、自宅もご近所で、長いご縁を頂き、ご指導ご支援賜りました。在りし日の姿が偲ばれ、改めて心から感謝申し上げます。