門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.17
ウィズコロナのもと尊いご活動に敬意。㈱千總さんから、素晴らしい振袖2組、訪問着3組を ひとり親家庭や児童養護施設の子どもたちにご寄付。京友禅の精緻な匠の技、繊細な美しさに感激!西村總左衛門 会長、仲田保司 社長はじめ皆さんに心から敬意と感謝。

460年を超える歴史を誇る京友禅の老舗
千總さん。子どもたちの幸せを願われ、これまで32回にわたり京都市にきものをご寄贈。総額は1億2500万円相当にも。ひとり親家庭や児童養護施設の子どもたちの七五三、成人式、結婚式等への貸出しに活用させていただき、たくさんの感謝の声!(これまで1,550件以上の貸出実績)。伝統に根差しながらも、一昨年の二条城で開催の展覧会「キモノロボット(KIMONO ROBOTO)」へのご協力など創造的なお取組もご展開。頭が下がります。
コロナ禍で和装業界は一層厳しい状況ですが、これからも皆さんと手を携え、きものをはじめ和装振興に努めるとともに、誰ひとり取り残さないSDGsの達成へ、引き続き力を尽くします。