門川大作OFFICIAL

活動日記

2020年02月の記事です

2020.02.09
大学スポーツを牽引!立命館大学体育会本部・スポーツフェロー主催、卒業生の歓送会。大変な盛り上がり!高田侑 体育会本部委員長、水田雅博スポーツフェロー会長、森島朋三理事長、仲谷善雄総長はじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。
2020.02.09
笑顔いっぱい元気いっぱい!第23回「保育フェスタ」と園児絵画展@みやこめっせ。会場は子どもたち、お母さんお父さんらで大賑わい。熱意溢れる京都市保育園連盟(藤田理事長)と保育士会(雑賀会長)のご主催。 日々研鑽に努められ、保育の質の向上、保育所等6年連続待機児童ゼロにもご理解、ご尽力の皆さんに心から敬意と感謝。
2020.02.09
京都の誇り、京都サンガF.C.!亀岡の新たな「サンガスタジアムby KYOCERA」がこけら落とし!セレッソ大阪とのプレシーズンマッチ。臨場感あふれる素晴らしいスタジアムで後援会(堀場厚 会長)やサポーターの皆さんと共に大声援!2対3で惜敗、しかし最後まで気迫あふれるプレーに感激しました。悲願のJ1昇格へ、これからも全力で応援します!
2020.02.09
祝、優勝は桂東小!準優勝は同志社小、3位は藤城小。おめでとうございます!全国唯一、小学生が公道を走る京都市小学校「大文字駅伝」大会。34年目。予選を勝ち抜いた48校、576名が力走!2千人近い教職員やPTA、ボランティアが支えます。子どもたちが切磋琢磨し友情を深め、たくましく成長。学校を核とした地域の絆も深まります。
2020.02.09
瑞々しい感性と創造力溢れる作品に感動!日本一の伝統を誇る市立銅駱美術工芸高校アートフロンティアコースの3年生の生徒さんによる「後期作品展」@堀川御池ギャラリー。皆さんの益々のご活躍を祈念!
2020.02.09
文化の力で青少年の健全育成を!第11回「南区子ども書道展」表彰式@南警察署。志高いご活動を続けてこられた天野 南少年補導委員会会長はじめ地域の皆さんに敬意と感謝。3,177作品もの応募の中から、祥栄小6年 御館愛莉さん、洛南中3年 塩谷文月さんに市長賞を贈呈!素晴らしい作品に感激です。これからも共々に、子どもを地域の宝として大切に育む「はぐくみ文化」の深化・発信に努めます!
2020.02.08
祝、安朱小PTAが優良PTA文部科学大臣表彰ご受賞!京都市教育委員会の教育功労者表彰も。受賞祝賀会。地域ぐるみで子どもを大切に育む尊いご活動に改めて感銘!安朱小PTA 大澤会長、学校運営協議会 幸田理事長、OB・OGによる「萌朱会」増田会長、自治連の福島会長はじめ地域に根ざしてご献身の皆さんに心から敬意と感謝。
2020.02.08
祝、京都の誇り!雁瀬博 京の伝統産業春秋会会長の旭日双光章受賞記念祝賀会。長きにわたり京都の伝統産業の振興、後継者の育成に心血を注いでこられたご功績に心から敬意と感謝。共に歩んでこられたご令室 キヌヨ様にも敬意。伝統産業はもとより各界の素晴らしい方々が参集され、お祝い!益々のご活躍を祈念。
2020.02.08
東京で「京都ブランドフォーラム」。10回目!今年のテーマは「インバウンド時代に地域ブランドを守る」!新たに就任いただいた内田隆 委員長はじめご尽力の皆さんに深謝。
2020.02.08
音楽は最高の情操教育!「京都幼児音楽フェスティバル」祝、40回目です!
2020.02.08
毎月恒例のラジオ2番組で市政情報トーク。αSTATION「C'sNAVIGATION MAYORTALKS☆KYOTO」(DJ川島郁子さん)、KBS京都「大作・英樹のだいすき☆京都」(羽川英樹さん、アシスタントは西上真帆さん)。
2020.02.08
木屋町・高瀬川で朝6時から皆さんとお掃除。寒い中、京都掃除に学ぶ会・便きょう会、「新洗組~学生さんを中心に地域の方々らが毎土曜 朝6時から木屋町・高瀬川等をお掃除」の方々が多数ご参加。継続の大切さ、実践の輪の広がりを実感。深謝。
2020.02.07
地域の宝・子どもたちのことを何よりも大切に!、さらに京都の文化・地域力を生かした京都ならではの生涯学習の振興へ!教育委員会で働かれる自治労教育支部の皆さんのご熱意に感服。「教育・子育て環境日本一」の京都へ!引き続き、倉橋 支部長はじめ 教育行政のプロの皆さんとしっかり連携して頑張ります!
2020.02.07
KBS京都の経済情報番組「京bizX」に出演。「8ミニッツ」の特別企画として、竹内弘一アナウンサーと対談。
2020.02.07
新型コロナウイルス感染症に関する各種相談窓口は以下からご確認ください!
2020.02.07
2/5に、国の要件に該当しない新型コロナウイルス感染症の患者が市内で発生したことを受け、京都市では、国が定める検査要件に該当しない場合でも、発熱・呼吸器症状などがあり、直ちに特定の感染症と診断できず、新型コロナウイルス感染症の疑いがあると医師が判断されるものについては、府・医師会等と協議のうえ、医療機関と連携し、積極的に検査を実施します。
2020.02.07
祝!上坂英夫さん「生涯スポーツ功労者 文部科学大臣表彰」受章祝賀会。地域に根ざした市民スポーツの振興に多大なご尽力!京都市体育振興会連合会理事、中京区体振副会長、初音体振会長等として、長きにわたるご献身に心から敬意と感謝。私のご近所さんでもある上坂さん、敬愛してます。発起人代表の香川 中京区体振会長をはじめ多くの方々と共に盛大に祝福!
2020.02.07
京都が誇る伝統文化・産業の未来の担い手の皆さんによる素晴らしい作品!「京の伝統工芸新人作品展/京都伝統工芸大学校 24回卒業・修了作品展」開会式@京都伝統工芸館(烏丸三条上る)。ご主催の二本松学院 新谷秀一 理事長、新谷由貴代 校長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。京都の錚々たる伝統工芸の作家・リーダーの方々、フランス、イタリア総領事はじめ各界からご参加。明日2/8~2/24までご開催(入場無料)。皆さんもぜひご覧を!
2020.02.06
京都の誇り!経営革新に挑戦し続ける地域企業・中小企業が一堂に!「京都オスカークラブ」新規オスカー認定企業5社の取り組み紹介と新春交流会。認定企業同士の交流による創造的なお取り組み、オスカーシンポジウムの開催による魅力発信など、飽くなきチャレンジを実践される野々内達雄 会長(近江屋ロープ㈱社長)はじめ会員の皆さん、佐藤研司審査委員長はじめ関係者の皆さんに敬意と感謝。
2020.02.06
来年度予算案概要を記者会見で発表。 くらしに安心・まちに活力・未来に責任、選挙公約「141のお約束」の8割を盛り込み、「挑戦と改革」のスタートダッシュ!府市協調・国との連携、オール京都・ワンチームで京都のまちづくりを新たなステージへ! 極めて厳しい財政状況ではありますが、行財政改革の断行と将来の担税力の強化に向けた成長戦略を両立させ、持続可能な財政の確立へ努力します。
2020.02.06
子どもや若者を社会の宝として育む「京都はぐくみ憲章」実践推進表彰式。地域で子ども・若者のため志高くご活躍されている37団体を表彰!憲章の制定から13年。実践の輪の広がり・深化を実感!感激です!心強い限りです。推進協議会 徳岡会長、大澤部会長はじめ献身的にご尽力いただいている皆さんに深謝。
2020.02.06
府市協調で、低利・無担保の「新型コロナウイルス対応緊急資金」融資制度を本日2/6から開始!
2020.02.06
新型コロナウイルス感染症の京都市内2例目の患者(20代の中国籍の男性1名)が確認されました。現在は京都市立病院の感染症病棟 (他の病棟と隔離された専用病床)に入院中です。
2020.02.05
新型コロナウイルス感染症による影響を全庁挙げて的確に把握し、特に第一線の現場の職員の英知を結集! 庁内連絡会議。迅速な情報共有、相談体制、正確で分かりやすい情報発信が重要。スピード感を持って市民生活に寄り添ったサポートを! 市民の皆さんの命と健康、暮らし、さらに中小企業・地域企業を守るため、引き続き全力で取り組むことを誓い合いました。
2020.02.05
誰ひとり取り残さない!SDGs先進度全国1位・京都市。4月発売予定のSDGsをテーマとしたムック本の取材を受けました。
2020.02.05
局区長会で改めて決意を表明。さらなる挑戦と改革!141の公約を実現し、誰ひとり取り残さない!SDGsの達成、笑顔あふれるまちづくりに全力を尽くすことを誓い合いました。 また、新型コロナウイルスの感染予防・感染拡大防止、風評被害の防止等に、全庁を挙げて徹底的に取り組むよう改めて指示。市民の命と健康、暮らしを守るため、全力を尽くします。
2020.02.02
皆さんの多大なるご支援で当選させて頂きました。連日連夜懸命なご支援を頂いた皆さん、幅広い市民の皆さん、スタッフの皆さんに心から感謝申し上げます。
2020.02.02
緊急対策本部長として、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と市民の皆さんの命と健康、暮らしを守るため万全を期します! 休日を含む毎日24時間対応 専用電話相談窓口(075-222-3421)では、今日も多くのご相談。お一人お一人に丁寧、的確にお答え。保健福祉局の職員が休日返上で献身。 医療機関や検査機関とも緊密に連携!感染予防・拡大防止に全力投球します。
2020.02.01
緊急対策本部長として新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止等に万全を期します!保健福祉局はじめ各局区、医療機関等からの報告、情報提供を受け、副市長等と対応を確認・協議。市民の皆さんの命と健康、暮らしを守るため全力を尽くします。
2020.02.01
市民の皆さんに正確な情報と相談体制!休日を含む毎日24時間対応 専用電話相談窓口で万全の体制!保健福祉局の職員が輪番で献身。 昨日朝開設した相談窓口(075-222-3421)には、本日14時時点で200件を超えるご相談。お一人お一人に丁寧、的確にお答え。 「正しく恐る!」京都市のウェブサイトやSNSなどあらゆる広報媒体で迅速・的確な情報を発信し、感染拡大防止に全力投球します。
2020.02.01
新型コロナウイルス感染症の迅速な検査体制を府市で確立!昨日より京都で検査可能に!市衛生環境研究所・府保健環境研究所の検査体制の強化! 昨年12月に府市合同で開設した両研究所が威力を発揮!これまでは国立感染症研究所で検査を実施してきましたが、昨日から最大1日60検体まで京都で検査が可能に!感染予防に万全の体制で臨みます。

今月の記事

アーカイブ