門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.02.20
公明党市会議員団から提言書「外国人との共生をかんがえる-ともに支え合う文化が息づくまち・京都をめざして-」を頂き、懇談。

昨年4月の改正入管法の施行を受け、今後増加が予想される外国人との共生をテーマに、現状や課題の分析に基づき、「日本語・日本文化教育の充実」「日本人とのコミュニケーション支援」「多文化共生推進体制の整備」を3つの柱に、11の具体的なご提言。
京都市でも、「誰ひとり取り残さない」SDGs、「世界文化自由都市宣言」の理念を大切に、部局の枠を超えてプロジェクトチームを立ち上げ、「多文化が息づくまち」の実現に向け検討を重ね、実行しています。頂戴したご提言をしっかり今後の市政に生かし、外国籍の方々含め、すべての市民の皆さんが安心して暮らし、ご活躍いただける、多文化共生のまちづくり、持続可能で活力に満ちたまちづくりに全力で取り組んでまいります。


今月の記事

アーカイブ