門川大作OFFICIAL

活動日記

2020年04月の記事です

2020.04.30
緊急事態宣言の下、市民の皆様には、徹底した外出自粛などご理解・ご尽力をいただいており、改めて感謝申し上げます。 一方、京都では連日感染者が発生しており、予断を許さない状況。ゴールデンウィークの取組が大きなカギを握ります。改めてのお願いです。
2020.04.30
ゴールデンウィーク中は、かかりつけ医の長期休診が見込まれます。
2020.04.27
緊急事態措置に伴う京都府知事による休止要請施設について、京都市では府と連携しつつ徹底した実態調査を実施しています。  パチンコ店は81店舗すべてが休業、映画館、ボウリング場も全て休業。
2020.04.27
京都市では、市内の中小企業等を対象に、独自に、厳しい経営状況でも衛生対策やテレワーク、スキルアップなどに取り組まれる事業者を支援する緊急助成制度を創設。
2020.04.27
新型コロナウイルス感染症対策本部幹事会。感染状況のデータ分析、危機的状況は変わらず!特に院内感染防止対策の徹底。  現場の声、専門家の意見に基づき対策の進化へ!あらゆる感染防止と暮らし・経済対策強化へ。
2020.04.25
毎月恒例のラジオ2番組で市政情報トーク。αSTATION「C'sNAVIGATION MAYORTALKS☆KYOTO」(DJ川島郁子さん)、KBS京都「大作・英樹のだいすき☆京都」(羽川英樹さん、アシスタントは西上真帆さん)。FM京都は電話出演。  新型コロナウイルスによる厳しい状況が続く中、改めてGWの過ごし方・外出自粛、3密回避等をお願い。  また、補正予算により、PCR検査体制の拡充や京都市独自に中小企業等への助成制度を創設すること等についてお話ししました。
2020.04.24
KBS京都の経済情報番組「京bizX」の「ジャーナルX」に出演。新型コロナ感染症の現状と対策について、本日市会でご議決いただいた補正予算の内容など、アナウンサーの竹内弘一さん、遠藤奈美さん、タレントの羽田優里奈さんとお話しました。
2020.04.24
4月開会市会において、新型コロナ感染拡大防止対策、市民生活・中小企業の下支え・支援等に係る総額2,288億円の補正予算、関連する条例改正について提案説明、議決。厳しい状況は続きますが、感染拡大防止に全力を尽くします。
2020.04.23
お買い物をされる皆様へお願いです。市内でも、スーパーや商店街等での買い物の場に多くの人が集まっておられます。買い物をされる方は、マスクをしっかり着用する、少人数または一人で行く、混雑しているときはお店に入らない、ほかの人との距離を取るなど、感染しない、人にうつさないよう、一人ひとりのお心がけをお願いいたします。
2020.04.23
関西一丸となり、新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組みます!関西広域連合「第4回対策本部会議」。西脇知事とともにテレビ会議で出席。広域的な医療連携、ゴールデンウィークを控えて外出自粛要請など協議・決定。
2020.04.23
新型コロナ感染症対策本部会議。京都市独自に府の支援策と連携しつつ、府の休業要請の対象に限らず小売店、飲食店など幅広い業種に対し、厳しい経営環境でも前向きに事業に取り組まれる中小企業・小規模事業者への助成制度を創設(上限30万、予算10億円)、また、ドライブスルー方式をはじめPCR検査体制の拡充(試行実施中のものを本格化)を指示。これらを含め補正予算を明日開会の市会に提案し、御議論いただきます。感染者数の年齢、家庭内感染の増加などデータ分析の報告と危機感をの共有、さらにGWの過ごし方・外出自粛、買い物をされる方への3密回避等のメッセージを発出。
2020.04.21
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、市民、事業者の皆様にお願いしたいことを「京都市民 行動指針」として発出しておりますので、以下URLからご覧ください。感染拡大防止には市民、事業者の皆さんのご協力が何より大切です。よろしくお願いします。
2020.04.21
目標・情報を皆さんと共有し、行動変容へ!新型コロナ感染拡大の防止には、人と人との接触を8割減少させることが必要。京都市では、公共交通機関の利用者数を8割以上減らすことを目標に、市バス・地下鉄・私鉄・JRの毎日の利用状況を「見える化」!。早速変化が!深謝。感染拡大防止のため更なるご理解よろしくお願いします。
2020.04.21
立石義雄様がお亡くなりになりました。 痛恨の極みです。寂しい限りです。、立石義雄様、本当にありがとうございました。
2020.04.17
新型コロナ感染症対策本部会議。全府県に緊急事態宣言が発出、京都府を含む13都道府県は特に重点的な感染拡大防止策が必要な「特定警戒都道府県」に指定。積極的疫学調査の徹底・PCR検査体制の拡充、市民・事業者の行動変容を促すため外出自粛効果の見える化・情報発信、市民生活・中小企業の下支え・支援、特措法による権限により休業要請等を行う京都府との連携・サポートについて指示
2020.04.17
新型コロナ感染症感染拡大防止へ!公明党市会議員団から緊急の要望書。真摯に受け止め、感染拡大防止に全力を尽くします。
2020.04.17
新型コロナウイルス感染症対策業務を一層推進していくため、京都市では、これまでの専任体制300人から450人に大幅強化。
2020.04.16
緊急事態宣言を全都道府県に拡大することを国が表明。京都市では、既に宣言が発出されている大阪、兵庫等と同様の危機感を持ち、同様の外出自粛要請など感染拡大防止に全力を尽くしてまいりました。より一層、市民、事業者、医療関係者など皆さんのお声を真摯に受け止め、感染拡大防止対策や、厳しい状況にある中小企業やそこに働く皆さん、厳しい状況にある皆さんの支援に、京都府とも連携し全力を尽くし、国にも必要な措置を強力に要望してまいります。また、全国の皆さんに今は京都に来るのは控えていただき、収束後、安心してお越しいただきますよう、改めてお願いします。
2020.04.14
KBS京都newsフェイスの新コーナー「face to 京都」に出演。初回放送の本日は、新型コロナウイルス感染症の拡大による危機的な状況、本日の本部会議で協議した対策・取組、市民の皆さんへのメッセージ等について、木村寿伸アナウンサーの進行でお話しました。
2020.04.14
新型コロナ感染症対策本部会議。新型コロナ対策の専任体制を300人から450人に大幅強化。感染拡大防止、クラスター対策、PCR検査体制の充実、疫学調査の徹底、国への緊急要望等を決定。市民・事業者のお問い合わせ、相談体制の更なる拡充も。子どもたちのいのちと健康のため、保育園や学童クラブ等の受入基準を明確化、仕事を交代で休める方、在宅勤務等の方はご家庭での保育を要請。また、観光客の入洛お断り、夜間にお酒を伴う飲食店等での感染防止が重要。市バス・地下鉄の深夜ダイヤの運行を休止。さらに、市バス・地下鉄については、外出自粛に伴い平日7割、土日休日8割の乗客減を目標とした取組を指示。
2020.04.10
マスクが、消毒液が足りない!など福祉・医療現場等から悲鳴!。国等へ要望し、全力で取り組んでますが厳しい状況が続きます。そんな中、国内外の様々な方々から尊いご寄付も。有り難く、早速、待ち望んでられる福祉施設等へ!有り難い限りです。
2020.04.10
緊急事態宣言の区域指定を国に要請。西脇知事と合同緊急記者会見。京都府、特に京都市域では新規感染者が増加、特にこの間、経路不明の感染者が急増している厳しい状況です。感染拡大を徹底して防止するため、昨日来、府と協議し要請へ。
2020.04.09
新型コロナウイルス感染防止のため、市民の皆様へのお願い。「自分が無症状の感染者かもしれない」と思って慎重な行動を!ひとりひとりの行動を変えて、自分と家族、大切な人を守りましょう!
2020.04.09
連合京都の皆さんと意見交換。新型コロナウイルス感染症により厳しい状況にある雇用状況、京都経済。この難局を乗り越えるため、府、市が連携し、労働団体・経済団体とも一丸となって全力を尽くすことを誓い合いました。
2020.04.09
新型コロナウイルス感染症対策について、全庁挙げて取り組んでいます。 京都市では、情報発信についても、あらゆる媒体で行ってまいりますので、ご活用ください。
2020.04.08
京都市会から緊急の申入れ。「新型コロナ感染症緊急事態宣言」を踏まえ、医療体制、情報発信、経済対策など。真摯に受け止め、全庁挙げて全力を尽くします。
2020.04.08
緊急事態宣言を受けた京都市の対応方針を決定。
2020.04.08
緊急事態宣言を受けた京都市の対応方針を決定。
2020.04.08
大阪等の緊急事態宣言を受け、京都市も緊急事態宣言地域と同様の危機感を持って新たな対応方針を決定。「外出の自粛」などを市民の皆さんに要請。医療体制の強化等を決定。京都への観光客の自粛も依頼。京都市対策本部会議。
2020.04.06
文化施設の休館について。この3日間での市内での感染者の急増、特に、この4/4(土)~4/5(日)の感染者13名のうち11名が現段階で経路不明である等、市域の感染状況に大きな変化が生じ、危機的な状況にあることを踏まえ、明日から動物園等の文化施設を閉鎖します。
2020.04.06
新型コロナウイルス感染症に関して、緊急に在田教育長らと記者会見。4月10から市立学校・幼稚園を一斉臨時休校に。京都市でのこの数日の感染拡大状況が、危機的です。これを踏まえ決定。 ご家庭の状況を踏まえ、小学校での「特例預かり」の実施。各学校・幼稚園で週に1~2日、2時間程度の登校日を設け、健康観察、家庭での生活・学習状況の確認、指導を行います。
2020.04.03
京都金融対策トップ会議。新型コロナウイルス感染症の拡大による厳しい状況を乗り切るため、地元金融機関(京都銀行、京都信用金庫、京都中央信用金庫等)と、府、市、信用保証協会・経済団体が一層連携!オール京都で全力を尽くします。新たな金融ネットワークを発足へ!
2020.04.03
京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議。出席者を限定し、区長等はテレビ会議により開催。子ども達の健康・感染防止を最重視しつつ、学習機会の保障も。文科省のガイドラインも踏まえ、京都市立学校・幼稚園について、感染防止対策を一層徹底し、万全を期したうえで教育活動を再開。状況が変化すれば対応も変えます。
2020.04.03
昨年12月に府市協調により合同で開設した市衛生環境研究所・府保健環境研究所では、新型コロナウイルス感染症を判定するためのPCR検査を夜間・休日も含めて連日実施。京都全体での検査総数は4/2現在で1344件に。水谷・市所長、前川・府所長を先頭に所員の皆さんが市民、府民のいのちと健康を守るため、昼夜問わず日々奮闘いただいている姿に頭が下がります。厳しい状況が続きますが、くれぐれも健康にはご留意ください。緊張感をもって共々に頑張ります。
2020.04.02
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、KBS京都の取材。私から市民の皆さんへのメッセージを収録。
2020.04.02
新型コロナウイルス感染症拡大防止へ、西脇知事と合同緊急記者会見。松井医師会長も同席。市民・府民の皆さんに緊急のお願い。身近なところに感染リスクが潜んでいることを十分認識のうえ、ご自身と家族や大切な人を守るためにご協力をお願いします。
2020.04.01
学生さんの代表が緊急アピール!市内大学での新型コロナウイルス感染症クラスター発生を受け、京都で、また全国で学ぶ学生の皆さんに向け、「自分は無症状の感染者だと思って、それぞれが他の人に感染させないないような慎重な行動を取りましょう!」「密閉」「密集」「密接」を避けること、また懇親会(新歓コンパ)等のイベントについては勇気をもって自粛することを呼びかけました。
2020.04.01
第2回京都市新型コロナウイルス感染症対策本部会議。感染経路が把握できない事例の増加、クラスターの発生などの厳しい状況を踏まえ、体制強化、市民の皆さんのいのちと健康を守るための対応について指示。全庁挙げて感染拡大の防止へ!
2020.04.01
令和2年度新体制がスタート。