門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.02.19
市立京都工学院高校の生徒が一から設計し、製作した「電動ミニ市バス」が完成!感謝状を贈呈。深い学びと専門性、技術力を生かした素晴らしい仕上がりに感服です。電気・機械工作クラブの白数代表はじめ生徒の皆さん、砂田校長先生、谷口教頭先生、顧問の中村先生はじめ皆さんに心から敬意。

伏見工・洛陽工の歴史的再編で4年前に誕生した京都工学院高校。理念・カリキュラム、施設・設備も素晴らしく、熱意溢れる教職員、PTA、そして地域・大学・産業界等との信頼関係が最高!輝かしい前進を改めて実感し、頼もしい限りです。
市バスの更なるPRに向け、京都市交通局が「子どもが乗って楽しめるミニバス」の開発・製作を依頼し、電気・機械工作クラブの皆さんが試行錯誤を重ねながら1年間かけて製作。イベントでの試運転では子どもたちが大歓声!
皆さんは、毎年8月開催の「Ene-1チャレンジ」(単三電池40本で動く電気自動車のレース)にも挑戦。益々のご活躍を祈念!


今月の記事

アーカイブ