門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.02.10
深い研究と実践!~美味しさを科学する!龍谷大学・日本料理アカデミーシンポジウム「日本料理と品位」。京都が誇る料理人が大学・企業の研究者と共に「品位」に関する研究を行い、成果を発表!入澤崇 学長、伏木亨 センター長、村田吉弘 理事長、山崎英恵 准教授はじめ皆さんの志高いお取り組みに心から敬意。日本料理アカデミーは、この間の志高いご活動が高く評価され、昨年「ベスト・プロデュース賞」をご受賞!おめでとうございます!

ユネスコ無形文化遺産登録など「和食」が世界から高く評価される中、「おいしさ」を科学的に研究・分析し、「農」「健康」などにも活かすために開設された龍谷大学「食の嗜好研究センター」。日本の食文化や料理技術の素晴らしさに磨きをかけ、次世代に伝え、世界に発信するためご尽力の「日本料理アカデミー」と連携され、研究の成果を発表!
「研究者VS料理人」の発表、8名の料理人等による「品位」をテーマに創作した料理のプレゼン・試食など充実した内容で、満員の来場者の皆さんも大満足!京都ならではの実践的な研究の前進が心強い限り。皆さんと共々に、京料理をはじめ日本が誇る食文化の継承・創造・発信に全力を尽くすことを改めて決意。深謝。