門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.18
祝、ユネスコ世界無形文化遺産登録!京都・日本の誇る「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が、多くの関係者のご尽力で登録決定!多数の伝統建築が所在し、それを支える匠の技が維持継承されてきた「日本の心のふるさと」京都として、誠に喜ばしく、心強いです。清水寺奥院舞台において、文化財修理技術保存連盟の記念奉祝会。澤野理事長はじめ関係者の皆さんに深謝。

高度な技術により木工、屋根葺、左官、装飾、畳など、建築遺産とともに途絶えることなく伝統を受け継ぎながら、工夫を重ねて発展してきた伝統建築技術。自然素材を活用し、森林等の保全、材料の再利用など、社会の持続可能性を体現しています。
この度の登録は、京都はじめ日本文化を代表する木造建築物の維持・継承、そして、持続可能な社会にとって誠に意義深いもの。
文化財修理技術保存連盟 澤野道玄理事長、社寺建造物美術保存技術協会 デービッド・アトキンソン理事長、伝統建築工匠の会
佐々木正峰会長はじめ、関係者の皆さんのご尽力の賜物であり、心から敬意を表します。
これからも皆さんと手を携え、京都の誇る伝統文化、有形無形の文化遺産の維持継承に努力を続け、持続可能な社会の実現へ、力を尽くします。