門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.12.25
何としても医療崩壊を防ぐ!決意を新たに。京都私立病院協会 清水鴻一郎会長から、コロナ感染者が急増する中で市民、府民の命を健康、暮らしを守るため、医療機関で献身的に働かれる皆さんからの切実なお声を緊急提言としていただきました。医療体制のひっ迫する厳しい状況を痛感!年末年始に向け、感染拡大防止のため一層の対策を市民ぐるみで取り組んでまいります。