門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.01.20
毎日新聞の論点「2050 温室効果ガスゼロへ!」環境特集に京都市の施策・私のインタビュー記事が掲載(1/8)。白石賢司氏、杉森務氏と共に。京都議定書誕生の地、そして自治体初の「2050年CO2排出ゼロ」を宣言した京都から、覚悟を持って市民ぐるみの実践へ。未来のために今何をすべきか!持続可能な社会に向け全力で取り組みます。

自然と共生する文化、「しまつの心」「もったいない」など暮らしの美学、生き方の哲学が息づく京都。社会包摂性を誇り、SDGs、レジリエンスを体現。そんな京都で歴史的な「京都議定書」が誕生。そして、市民ぐるみでの20年の取組で ゴミ量は半減、エネルギー消費量は28%削減、温室効果ガスは18.5%削減など大きな成果。しかし、これからが大事!
目標は大胆に!京都市では、一昨年5月のIPCC総会の 京都市での開催を機に全国初の「2050年ゼロ」を宣言!昨年12月には地球温暖化対策条例を改正し、2030年までに40%以上削減、2050年ゼロを明記。新たな施策を展開。
産学公連携によるイノベーションなど京都ならではの強みも活かし、市民、事業者の皆さんと共に脱炭素社会の実現へ!引き続き覚悟を持って取り組んでまいります。