門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.01.21
一人一人を大切に!ウィズコロナ時代の個別最適な学びの実現へ。「京都市総合教育会議」。在田正秀教育長、奥野史子教育委員、星川茂一教育委員、笹岡隆甫教育委員、野口範子教育委員らとオープンな場で闊達な意見交換。「一人一台PC等、ICTの活用」や「茶道・華道はじめ京都ならではの体験的・協働的活動の推進」など、コロナ禍を踏まえ教育の本質に迫る実践的で深い議論!皆さんに敬意と感謝。

コロナ禍によりあらゆる価値観が見直され、様々な社会的課題が顕在化する中、学校現場においては、一人一台のタブレット整備などGIGAスクール構想や 少人数学級など、これまでにないスピードで新たな学びの環境整備を進めています。 
Society5.0と言われる予測困難な時代に生きる子どもたちが未来を創造する力をどう育むのか。
またGIGAスクール元年となる令和3年度、飛躍的に向上したICT環境を積極的に活用し、子ども達の学びの進化へ!挑戦的な取り組みが京都市で始まってます。
同時に、これまで大切にしてきた地域に開かれた教育活動、集団宿泊活動、茶道・華道等の伝統文化活動など、新しい生活様式のもといかに充実していくか。
一人一人を徹底的に大切に!この原点に立ち返り、ウィズコロナ時代の京都ならではの学校教育について、忌憚のない意見交換!有意義な議論をしっかりと活かし、引き続き教育委員会、学校、PTA、地域の皆さんと共々に努力を重ねてまいります。