門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.03.12
世界一安心安全・おもてなしのまち京都の更なる推進へ!京都府警、地域ぐるみ、市民の皆さんと取り組んできたこの6年半の着実な成果(犯罪件数62%減!)を活かし、取組の更なる深化へ!「世界一安心安全・おもてなしのまち京都 市民ぐるみ推進運動」新協定締結式。上野正史 本部長、森野淳 市警察部長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。

平成26年7月、京都を「世界一安心安全で、優しさあふれるおもてなしのまちにしたい」との思いで京都府警と協定を締結。京都ならではの「地域力」や「市民力」、京都府警の専門的知見等あらゆる英知を集めて取組推進!
市民ぐるみでお年寄りや子どもたちの見守り活動、美化活動、花いっぱい運動など、地域の自主的な取組に犯罪を抑止する視点を加え、また、防犯カメラの設置促進や街灯の照度アップや増設などに取り組み、2020年までに刑法犯認知件数を15,000件に減らす目標は3年前倒しで達成、この6年半で62%減の8,155件に!
現在の協定は今年度で区切りを迎えますが、高まった機運のもと、取組の更なる深化へ!本日、新たな協定の締結へ。ウィズコロナ、アフターコロナのもと、また東京オリ・パラ、ワールドマスターズ、大阪・関西万博を控え、徹底した地域、府警、市・区役所等の連携で、世界一安心安全なおもてなしのまち、そして誰一人取り残さない、持続可能なまち・京都へ!共々に努力していく決意を新たに。