門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.04.09
感染防止策を徹底して、能楽の魅力を創造的にご発信。71回目を迎える今年の「京都薪能」(6月1日、2日、平安神宮)のテーマは「地水火風空」!京都能楽会 井上裕久 理事長(シテ方 観世流)、森田保美 常務理事(囃子方 森田流笛方)、石井保彦 理事(囃子方 石井流太鼓方)と懇談。

かがり火のゆらめく能舞台で演じられる幽玄の世界により、国内外の皆さんを魅了してきた「京都薪能」。昨年はコロナ禍により中止に。今年は、感染防止対策を徹底(定員を半分に!など)「地水火風空」をテーマに開催!能楽の愛好者だけでなく、幅広い方々に能楽に親しんでいただくため、無料のレクチャーやプレ公演も!また「クラウドファンディング」もご計画(4/12~5/18)。
引き続き、能楽をはじめ日本の伝統文化・芸術の魅力を掘り下げ、発信し、未来へ継承する取り組みを共々に。