門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.04.30
コロナ禍等により深刻化するひきこもり、虐待など孤独・孤立に起因する社会問題への取組を強化・融合!「誰一人取り残さない社会」の実現へ!第1回「孤独・孤立対策プロジェクトチーム」会議(WEB開催)。

社会経済情勢の変化や、とりわけコロナ禍での人と人との交流機会の減少により深刻化してきているひきこもりや、虐待、DV、不登校、いじめなどの孤独・孤立に起因する様々な社会問題。京都市ではこれまでから個々の課題に応じて丁寧できめ細かな取組を推進。特に 昨年8月 各区役所・支所に新たに「寄り添い支援係長」を14 人配置、更に「寄り添い支援員」を配置するなど 孤立される一人一人に寄り添う施策を展開。この度、取組を更に充実・強化し、融合を図るため、「孤独・孤立対策プロジェクトチーム」を設置!
「誰一人取り残さない社会」の実現へ!今後、国の状況等を注視するとともに、現状と課題の洗い出し、効果的な情報発信手法、新たな社会問題の解決策の検討などを間断なく進め、必要な方策をスピード感を持って実現してまいります。