門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.06.22
新たな価値を生み出す文化創造・発信拠点へ!京都駅東南部エリアプロジェクト有限責任事業組合(代表: チームラボ株式会社)と京都駅東南部エリアにおける市有地の活用に関する基本協定を締結。チームラボ株式会社 猪子寿之 代表はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。ご参画頂く京信、中信、京阪、読売テレビ、朝日テレビ、京都新聞COM、京都放送、FM京都さんと共に記者会見。

京都駅に近接し、世界を視野に入れた新文化行政、文化交流を推進していくうえで重要な地域となっている京都駅東南部エリア。平成29年3月に「京都駅東南部エリア活性化方針」を策定し、NPO、企業、芸術家などと京都市が協働し、地域が長年大切にしてきた多文化共生を大切に「文化芸術と若者」を基軸としたまちづくりを進めてきました。
昨年11月には本エリア市有地に新たな価値を生み出す「創造・発信拠点」施設の事業者を広く公募。今年3月に京都駅東南部エリアプロジェクト有限責任事業組合さんを選定し、この度の協定に!チームラボさんのご提案である「デジタルアートミュージアムを核としたアート複合施設」の開業はアートと他分野との融合を加速させ、アート分野に留まらず、京都の伝統産業をはじめ様々な分野に波及効果をもたらすものと確信。さらに京都のアーティストが世界へ羽ばたくきっかけとなり、今後、本エリアが世界中から注目を集める「アートのまち」、そして新しい価値を創造し続け、世界中の人びとを惹きつける魅力あるエリアへと発展していくことを心から祈念!
コロナ禍の今こそ、心豊かな生活に必要な文化芸術の役割は重要。2022年度中の文化庁全面移転、2023年度の京都市立芸大・美術工芸高校の京都駅東部・崇仁地域への移転も見据え、引き続き、文化を基軸としたまちづくりに全力を尽くします。
<京都駅東南部エリアプロジェクト有限責任事業組合及び遂行パートナー(ご出席の皆さん)>
・チームラボ株式会社 猪子寿之 代表
・京都信用金庫 榊田隆之 理事長
・京都中央信用金庫 白波瀬誠 理事長
・京阪ホールディングス株式会社 江藤知 経営戦略担当部長
・讀賣テレビ放送株式会社 高津英泰 ビジネスプロデュース局長
・朝日放送テレビ株式会社 亀田雅之 事業局長
・株式会社京都新聞COM 田中克明 社長
・株式会社京都放送 細井俊介 社長
・株式会社エフエム京都 杉本雅士 社長