門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.07.02
市立芸大で漆芸を学ぶ学生さんが、スカイランニングで世界選手権へ出場!その多様な活躍に感激です。 山岳(超高層ビル)を空に向かって駆け登る!京都から世界へ!2021スカイランニングユース世界選手権大会日本代表 若林綾 選手(京都市立芸大美術学部4回生ー漆工)がお越しに。京都市立芸術大学 赤松玉女 学長、上田誠 副理事長、上英俊教授(陸上部顧問)もご一緒。激励と懇談。

急峻な山岳や超高層ビルを駆け上がり、そのスピードを競うスカイランニング。
世界各地で200以上の公式戦が開催され、参加者は65カ国・50,000人を数えます。
若林選手は京都市立芸大で漆工をご専攻。スカイランニング選手として第一線で活躍されながら、芸術活動も積極的に!頭が下がります。一昨年も代表に選ばれたものの、昨年の世界選手権はコロナ禍により中止に。悔しさをばねにトレーニングに励まれ、昨年の世界選手権選考会を兼ねた大会でユースの部準優勝!この度7/30からイタリアで開催される世界選手権の日本代表に!
市民の皆さんとともに応援!若林選手の活躍を心から祈念!


今月の記事

アーカイブ