門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.07.27
誰一人取り残さない共生社会の実現へ!亀岡市、長岡京市と「パートナーシップ宣誓制度に係る都市間連携に関する協定」を締結!オンラインで締結式

本市では、昨年9月、全ての人が社会に参加し、自分らしく自由に生きられるまちを目指すため「京都市パートナーシップ宣誓制度」を開始。これまでに68組もの方々に宣誓いただいています。
この度本市と同様に「パートナーシップ宣誓制度」を導入され、性の多様性に関する理解促進を図っておられる亀岡市、長岡京市と連携協定を締結!8/1から宣誓制度利用者が3市間で転居をしても、簡易な手続により、宣誓の効果を継続できるようになります。
この協定を契機に、さらに3市間での連携・協力を進め、誰もが自分らしく安心して自由に生きられる「誰一人取り残さない共生社会」の実現へ!力を尽くしてまいります。
<宣誓制度の相互連携>
・転出元自治体への「宣誓書受領証」及び「宣誓書受領証カード」の返還手続が不要になります。
・転出先自治体への手続は、提出書類が一部省略でき、また、来庁せずに郵送で行うことができます。改めて宣誓をする必要はありません。
<宣誓制度の枠を超えた連携>
以下のとおり、3市間で連携し、宣誓制度の利便性の向上とあわせて、性の多様性の理解を広め、当事者の生きづらさの解消に取り組みます。
・LGBT関連施策、事業の情報共有
・当事者の居場所づくりの取組や講座案内などをホームページ上で紹介し、各都市の取組を相互にPR 等


今月の記事

アーカイブ