門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.08.04
京都ライオンズクラブさんが 創立65周年を記念して、京都の伝統工芸美術の粋を集めたゾウのモニュメントを動物園にご寄贈!感染防止策を徹底しお披露目式。饗庭智之 会長(旧年度)、田中雅道 会長(新年度)、藤本明弘 幹事、陶芸家の今井眞正先生(ブロンズ製の台、陶製のアジアゾウを制作)、人形師の伊東庄五郎先生(磁製の子どもたちの人形を制作)はじめ皆さんに敬意と感謝。

発足以来、尊い奉仕活動をご展開の京都ライオンズクラブさん。京都市立芸大、京都マラソン等へのご支援も。平成30年には、動物園にゾウやゴリラ用の高額な体重計3基をご寄贈。志高いご活動に頭が下がります。
(平成26年にラオスから贈られてきた4頭の像は大きく成長、体重は2倍に!)
アジアゾウ来園を子どもたちが喜んでいる様子が表現され、「共に元気に成長できるように」との願いが込められているモニュメント。ウィズコロナ時代を生きる子どもたちに、一層の笑顔を届けるものになると確信。深謝。


今月の記事

アーカイブ