門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.01
京都交通労働組合さんが、市民の足を守るため、地下鉄開業40周年を記念して、市バス・地下鉄に「乗って、のって」キャンペーンをご展開!コロナ禍の厳しい状況の中、お客様の回復に一役買うこと等を目的にオリジナルのトラフィカ京カードを全組合員に配布。佐田悟執行委員長の「コロナ禍で厳しい状況の中ではあるが、組合員と共に市民の足を守るため出来る限りの努力をしたい。」とのお言葉に感銘!皆さんに敬意と感謝

市バス・地下鉄のコロナ感染拡大防止策、安心安全の確保、利便性向上、安全運行等に徹底してご献身の京都交通労働組合さん。引き続き、京交の皆さんと手を携え、市民の皆さんの大切な「足」である市バス・地下鉄事業を将来にわたり安定的に運営していくため、共々に努力してまいります。


今月の記事

アーカイブ