門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.09.17
祝、直木賞!同志社大学客員教授で京都市在住の作家・澤田瞳子さんに「京都市文化芸術きらめき賞」を贈呈。文化都市・京都の誇りです!益々のご活躍を祈念!

文化芸術を通じて市民に感動を与えた方のご功績を讃える「きらめき賞」。澤田さんは同志社大学・大学院で歴史を専攻され、研究者志望だった程の歴史好き。母校の同志社大学で客員教授をされるとともに、「小説家以外の人生を諦めたくない」との思いから、事務員のアルバイトを今も続けておられるとのこと!一昨年には「京都市芸術新人賞」をご受賞。そしてこの度、天才絵師・川鍋暁斎を父に持つ「とよ」の一代記「星落ちて、なお」で直木賞受賞の快挙!長引くコロナ禍に疲弊する社会と人々の心、そして京都のまちを大いに明るくしていただきました。この快挙は澤田さんの弛まぬご努力、そして担当編集者の角田国彦さんはじめ澤田さんを支える皆さんのご尽力の賜物。心から敬意。
澤田さんは京都における文学の更なる振興のため本市が創設した「京都文学賞」のアンバサダーとして多大なご協力。引き続きお力添えをお願い申し上げるとともに、今後も多くの人々を惹きつける作品を書き続けられ、ますますご活躍されることを心から祈念!


今月の記事

アーカイブ