門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.10.01
姉妹都市パリ市長の呼びかけで始まった白夜祭(ニュイ・ブランシュ)。コロナ禍で交流が困難な中でも文化芸術を大切に、心を繋ぎます。感染防止策を徹底し市内40会場で現代アート!開催。11年目!パリと同時開催。アートの祭典「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2021」オープニング・セレモニー@京都駅前広場。

田中明秀 議長とともに出席。フィリップ・セトン 駐日フランス大使、ジュール・イルマン 在京都フランス総領事、ジェリエット・礼子・ナップ 京都国際舞台芸術祭実行委員会共同ディレクター、湊和典 京都駅ビル開発(株)社長はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。
ニュイ・ブランシュKYOTOはパリ市発祥のニュイ・ブランシュ(百夜祭)に着想を得た現代アートの祭典。今年のテーマは「HORIZON(オリゾン/展望)」。日仏アーティストによるビジュアルアートやパフォーマンス、映像上映など、バラエティ豊かなプログラムが市内40会場で魅力溢れる企画が!会場によっては今宵だけで無く明日以降も開催も。ホームページでご確認ください。
コロナ禍の今こそ、心豊かに芸術に触れる時間は必要。この素晴らしいイベントを契機に、京都とパリ、日本とフランスの絆を一層深め、共々にコロナを乗り越え、明るい未来へ!改めて決意。

ニュイ・ブランシュKYOTO


今月の記事

アーカイブ