門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.11.01
環境省大臣官房 松本啓朗 審議官がお越しに。髙林祐也 政策企画調査官もご一緒。じっくり意見交換。環境省から本市 環境政策局に優秀な職員(永田綾 地球温暖化対策室 エネルギー政策部長)を派遣いただいてます。深謝。京都市からも優秀な職員(小林純一郎を環境省へ派遣。

昨日からロンドンでCOP26が開催。脱炭素化はまったなし。本市は一昨年5月、日本の自治体として初めて「2050年CO2排出ゼロ」を宣言。この動きは全国の自治体に広まり、昨年10月には国の方針に。昨年12月には、温暖化対策条例を改正し、「2050ゼロ」を目指すことを明記。さらに今年3月には、英国の呼びかけに賛同し、脱石炭連盟に日本の自治体として初めて加盟。2050年CO2ゼロ、脱炭素社会の実現はじめ、環境行政の推進、SDGsの達成へ共々に全力を尽くすことを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ