門川大作OFFICIAL

活動日記

2021.12.06
クレーメンス・フォン・ゲッツェ駐日ドイツ大使がゾニア夫人とともに着任のご挨拶に。ウーヴェ・メアケッター総領事館首席領事、ヨハネス・シュバイツァー経済担当上級専門官、エンツィオ・ヴェッツェル ゲーテ・インスティテュート館長もご一緒。幅広い文化や大学・学術、経済、脱炭素社会、SDGs達成へ、交流が深まり、姉妹都市ケルンとの交流もオンライン等で活発に。

京都市は、特に2年後に姉妹都市60周年を迎えるケルンと深いご縁!10月にはケルンマラソンがオンラインで開催され、姉妹都市枠として市民ランナーが参加!今年度からはドイツのプロサッカーチームFCケルンと府サッカー協会の間で、サッカーを通じた交流も始まりました。
また京都には、世界に4箇所しかないドイツ政府直轄の「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」が設置。創造的な活動を展開、文化交流も深まります。
これからも日本・京都とドイツの友好を深め、世界に貢献していくことを誓い合いました。


今月の記事

アーカイブ