門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.01.21
文化芸術の未来を担う10名の芸術家に京都市芸術新人賞、文化芸術都市・京都の発展にご貢献の8名・1団体に京都市芸術振興賞を贈呈!感染防止対策を徹底して表彰式@京都市京セラ美術館。

文化芸術都市、京都の誇り!創造性溢れる活発な文化芸術活動で卓越した活躍を展開されている若手芸術家の皆さんに「京都市芸術新人賞」を、また、次世代の育成や芸術活動に関する環境向上にご尽力いただいた方々に「京都市芸術振興賞」おお贈りし表彰させていただきました。
芸術新人賞は、石橋志郎さん(日本画)、小嶋晶さん(現代美術)、金剛龍謹さん(能楽)、斉藤綾子さん(舞踊)、谷川美音さん(漆芸)、中岡真珠美さん(洋画)、中村裕太さん(現代美術)、林美音子さん(邦楽(柳川三味線))、福田彩乃さん(洋楽(サクソフォン)、藤野可織さん(文学(小説))に。
京都市芸術振興賞は、朧谷寿さん(学術(歴史))、白井進さん(書)、椿昇さん(現代美術)、並木誠士さん(学術(美術史・美術館学))、福井尚子さん(洋楽(ピアノ))、本城ゆりさん(舞踊)、三好芫山さん(邦楽(尺八))、村田純一さん(芸術振興(文学))、一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団、理事長 鈴木順也さん(芸術振興(印刷文化))に贈呈。
受賞者を代表して中岡さん、村田さんのお言葉にも感銘!。コロナ禍の今こそ、文化で心を豊かに、人々を元気に!。そして、いよいよ文化庁が京都に全面的に移転、また、京都市も市立芸術大学を京都駅東部 崇仁地区に移転するなど文化を基軸とした都市経営を強め 文化で経済を活性化、市民の豊かさに繋げる取り組みを強します。
改めて皆さんのますますのご活躍を心から祈念!


今月の記事

アーカイブ