門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.12.16
京都・日本の未来を展望 文化を機軸とした国づくりに貢献 京都新聞元旦号の新春インタビュー

市長就任以来、9度目、3期目としては初めての正月を迎える平成29年。4月には、文化庁の京都への先行移転!(地域文化創生本部(仮称)の創設)。責任の重さを実感します。東京一極集中の是正や人口減少社会の克服など課題も山積。文化と観光、教育、産業、福祉、子育て支援…あらゆる施策を融合して新たな文化政策を創造!日本全国とつながり、危機的な伝統産業や中小企業の振興につなげ、京都経済の活性化、市民の皆様の豊かなくらしに繋げます。
また、「こども若者はぐくみ局」が創設。子どもを地域や社会の宝として大切にはぐくむ京都の「はぐくみ文化」を推進。防災対策、安心安全対策も推進。そして、京都議定書誕生20年。環境政策にも注力していくこと改めて決意。