門川大作OFFICIAL

活動日記

2016.12.18
20年間、地域ぐるみでごみ減量へ多大のご貢献、成果は偉大です!京都市ごみ減量推進会議設立20周年記念式典!シンポジウム。更なる前進を誓い合いました。

20年の京都市のゴミは46%削減!ゴミ処理費用は年間138億円も削減!全国の大都市でゴミが一番少ない都市に!市民の皆さんのご尽力の賜物!平成12年度には82万トンもあった本市のごみ量。現在、44万トンに!平成32年度に半分以下の39万トンにまで削減するため、更に、「しまつのこころ条例」を施行。食品ロスの削減をはじめ、更なる削減に向け、そもそも「ごみ」をつくらないリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)の2R。また分別の徹底や食品ロスの削減が大切です。高月紘京都市ごみ減量推進会議会長を先頭に、20年もの長きにわたり、ごみ減量に徹底的にご尽力の皆さん。そのお取組に心から敬意と感謝。これからも市民、事業者の皆さんのご理解とご協力の下、ごみ減量の取組を進めてまいります。


今月の記事

アーカイブ