門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.09
祝・開業10周年!京都ならではの水族館、生物多様性を学ぶ「鴨川の主、オオサンショウウオ」がオープン。「ぬいぐるみ」もネットで7分で完売!大人気!京都水族館 松本克彦 館長らがお越しに。じっくり懇談。

京都水族館は京都市の梅小路公園に構想されて以来のご縁。平成24年3月の開業以来、「水につながる命を学ぶ」施設として京都大学とも学術協定を締結、貴い歩み。京都駅西部エリアの魅力向上をはじめ、地域活性化にも多大なご尽力。感慨深いです。
白土久美子 企画広報チーム長、岡崎哲也 セールスリーダー、渡部耕平さん、(有)中村ローソク 田川広一 代表もご一緒にお越しいただきました。
開業10周年を記念した新コーナー「鴨川の主、オオサンショウウオ」がオープン!限定グッズ「金のオオサンショウウオぬいぐるみ」を頂きました。深謝。
西日本最大の飼育数のクラゲが展示されている「クラゲワンダー」や生物多様性や命の大切さを伝える体験プログラムなど、新たなコンテンツを次々と生み出されている中、今回はオオサンショウウオの幼生・幼体の展示を開始!水族館から未来の地球にバトンをつなぐ「AQTION!(アクション)」を着実にご展開。心強い限りです。
京都水族館はじめJR梅小路京都西駅、京都市中央市場、京都リサーチパーク、梅小路公園、鉄道博物館、更に商店街、お寺・神社、大学など多彩な都市機能が集積する京都駅西部エリア。さらに、産官学連携の下、「食とアートとものづくり!」をコンセプトとした、梅小路エリアのクリエイティブタウン構想も!
引き続き、京都駅西部エリア、さらには京都全体の活性化と魅力溢れるまちづくり、SDGsへの貢献など、皆さんと共々に力強く推進してまいります。


今月の記事

アーカイブ