門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.12
ロクサンヌ・ドゥ・ビルデルリンク 駐日ベルギー大使にお越しいただきました。エリザ・カスタルド 次席らもご一緒。ドゥ・ビルデルリンク大使とは2年ぶりに再会。ベルギーと日本・京都の文化や経済分野での更なる交流に向けた嬉しいお話も!心から敬意と感謝。

ベルギーは、私が会長を務める「世界歴史都市連盟」に首都のブリュッセル市が加盟されており、交流を深めているところ。
平成24年にはフィリップ国王陛下が皇太子時代にご入洛。迎賓館でお迎えし、日本通である皇太子殿下(当時)と、禅をはじめ日本、京都の文化について語り合ったことを思い出します。
また、祇園祭の山鉾の一つ「鯉山」に掛けられているタペストリーは、16世紀にベルギーで織られたものが懸装品として仕立て直され伝来し、地域の方々により数百年間大切に守られています。素敵なご縁、嬉しいです。
長引くコロナ禍やロシアのウクライナ侵略はじめ険悪な国際情勢など様々な社会課題はありますが、ベルギーと日本・京都の交流を一層深め、更なる友好親善はもとより世界平和やSDGsの達成へ!全力投球することを改めて決意。


今月の記事

アーカイブ