門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.17
日本を代表するコンテンツ産業の拠点に!全国から注目!京都国際マンガ・アニメフェア「京まふ」。11回目の今年は「NEXT」をテーマに、62企業・団体が出展!メイン会場のみやこめっせ・ロームシアター京都に加え、京都国際マンガミュージアム(第2会場)、東映太秦映画村(特別会場)でも多彩な企画!オンライン配信も同時実施!盛り上がります!

感染防止策を徹底。出展企業数やイベント内容はコロナ禍前と同水準に、更にオンラインとハイブリッド!嬉しい限りです。企画内容も更なる進化!「NEXT」をテーマに、京まふオリジナルNFTの発売や、TikTokを活用した情報発信、京都市のメタバース空間「京都館 Plus X」との連携企画など新たな取り組みも多彩に実施!また、アニメ業界と一般企業の優れたコラボ企画を顕彰する「京都アニものづくりアワード」も。経産省との連携!157作品が出展、社会課題解決への意欲が満ち溢れます。
様々な企画で、京都のまちを彩ります。実行委員会の 石川和子 委員長・日本アニメーション(株)社長、齋藤茂 (株)トーセ 会長、長谷川亘 京都自動車専門学校 理事長、松谷孝征 (株)手塚プロダクション 社長、京都国際マンガミュージアム 山元英昌 事務局長、また、出展 者の皆さん、ご来場の皆さん、ご尽力の全ての皆さんに心から敬意と感謝。明日も開催です。
(京まふ公式HP)
(京都館 Plus X)


今月の記事

アーカイブ