門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.19
市民の皆さんの命と暮らしを守るために!大型で強い台風14号の接近に備え災害対策本部会議を開催。

台風14号は、本日夜間に京都市域に最接近すると予報され、既に市内に暴風警報が発令。夜のはじめ頃までには大雨警報・洪水警報も発表される見込みであり、最大限の警戒が必要な状況です。
今回の台風対応に関して注意すべきことは、夜間、足元の暗い時間帯に、かつ強い風が吹いている状況下で避難行動をしていただく危険性。
そこで、私から各局区等に次の3点を指示。
1点目は、今後の台風の情報、被害の情報の共有を図るとともに、気象台はじめ関係機関と緊密に連携し、あらゆる事態を想定して自主防災組織・消防団・水防団とも連携し、的確な対応を行うこと。
2点目は、暗くなってから、かつ強風の中で避難していただくことの危険性を考慮し、暗くなる前の午後5時に、合計29の学区に対して高齢者等避難を早期発令する(本市初)。自主防災会など地域との連絡調整をしっかり行い、必要な対応を迅速に行うこと。なお、想定以上に被害の拡大が見込まれる場合は、躊躇なく活動レベルの引き上げや、避難情報発令のエリアの拡大を行うこと。
3点目は、本日は三連休の最終日に当たっており、行楽地等へ出かけている方、また京都市に観光に来られている方も大勢おられるため、市民や観光客の安全を最優先に、適時・的確な情報発信と災害対応に努めること。
台風の最接近を目前に控えた今、あらゆる対策・対応を迅速かつ的確に行い、市民の皆様の命、暮らしを守るため、全庁を挙げて万全の態勢で臨みます。
市民の皆様には、大きな台風が、暗くなってから深夜の時間帯に最接近する危険性を今一度御認識いただき、京都市や各メディアなどが発信する情報をこまめに御確認いただくとともに、躊躇なく安全な場所への早期の避難行動を、改めてお願いいたします。


今月の記事

アーカイブ