門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.09.25
人と動物が共生できる社会へ!「京都動物愛護フェスティバル(Kyoto Ani-Love Festival)」(@岡崎公園)。「京都動物愛護センター」発足から7年!全国初の市と府の共同設置!施設・取組みも全国トップ水準との評価!名誉センター長の杉本彩さんと私とでトークショー。マイクロチップやペットの適正な飼い方についてお話ししました。また、「601頭の長寿犬の認定、動物愛護功労者の表彰も。会場には動物を愛する多くの方がペットと共にお越しに。大賑わいです!多くのボランティアの皆さんも献身的にご活躍。森尚志 会長はじめ京都市獣医師会の先生方もご献身。皆さんに敬意と感謝。

毎年9/20から一週間は「動物愛護週間」。ペットを飼っている方もそうでない方も、身近な動物に関心を持っていただき、動物愛護の心を育て、動物の適正な飼養について理解を深めていただくために開催。
本年6月には、犬猫の販売業者等に対するマイクロチップの装着義務化などを定めた改正動物愛護管理法が施行され、市民的な関心の高まりも実感。京都市では獣医師会との協働でマイクチップの無料装着も。また、マイクチップを装着し指定機関に登録されますと、狂犬病予防法に基づく区役所への登録手続きが不要になります。
これからも杉本 名誉センター長はじめ獣医師会、ボランティアはじめ関係者の皆さんと力を合わせて、「京都動物愛護センター」を拠点に「動物愛護憲章」と「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」等に基づき、市民ぐるみで「人と動物が共生できるまち・京都」の実現に向け取り組んでまいります。
※センターで新しい飼い主を待つ犬猫をウェブサイトで紹介しています。ペットへの愛情はもちろん、命を引き受ける責任を十分ご理解いただいたうえで、ぜひご協力を宜しくお願いします。


今月の記事

アーカイブ