門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.10.07
熱気と優しさに溢れ、障害者スポーツの盛り上がりを実感!第22回全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」京都市選手団結団式。3年ぶりです!内山修 団長を先頭に、選手と役員の皆さんが一丸となってのご健闘を祈念!

10/29~31に開催の「いちご一会とちぎ大会」は、国内最大級の障害者スポーツの祭典。京都市選手団は総勢44名。西村和人選手、秋本美七海選手、竹野夏美選手の力強い決意表明に感銘!皆さんの精悍な表情が頼もしい限りです。
東京2020パラリンピック、北京2022パラリンピックなどで障害者スポーツの盛り上がりを改めて実感。「誰一人取り残さない」SDGsの達成に向け、障害のある人もない人も共にスポーツを楽しめるまちづくりを!引き続き、全力を尽くすことを改めて胸に刻みました。
京都市障害者スポーツ協会 加藤博史 理事長、京都障害者スポーツ振興会 川端一彰 会長、京都市身体障害者団体連合会 伊吹文明 会長、京都手をつなぐ育成会 上田克枝 会長、ボランティアでご献身の方々はじめ、選手をお支えいただいている皆さんに敬意と感謝。
中村一郎 市立白河総合支援学校長、多田薫 市立東山総合支援学校長もご臨席。深謝。


今月の記事

アーカイブ