門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.02
自民党市会議員団(橋村芳和 団長)から、「令和5年度予算と今後の市政方針に対する要望」をお受けしました。議員の先生方の日夜の活動から多くの市民・事業者の皆さんのお声を集められ、厳選と熟慮を重ねられての全46項目のご要望。コロナ対策と持続可能な財政へ、信頼と共感・共汗、説明責任を大切に、京都市の魅力を次世代にしっかりと引き継ぐべく改革を進めてまいります。

政策委員長の田中たかのり議員からご説明。脱炭素、組織・人員体制の適正化と働き方改革、文化庁の移転・文化の継承、観光振興、京都経済の活性化、子育て支援、都市計画の見直し、公園の利活用、市バス・地下鉄等の利便性向上、そして各区の課題など、どれも市政の根幹に係る重要な内容。副市長、各局長はもとより、職員一人一人が真摯に受け止め、長引くコロナ禍や少子高齢化、人口減少等の社会課題を踏まえながら、しっかりと検討を深め、市民の命と暮らしを守り、持続可能な社会、SDGsの実現へ、共々に力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ