門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.11.25
国土交通省都市政策課 内山裕弥 課長補佐、アクセンチュア 増田暁仁 マネージャーにお越しいただきました。「まちづくりのデジタルトランスフォーメーション」として国土交通省のご尽力で社会実装が進んでいるプロジェクト「PLATEAU(プラトー)」についてご説明いただき意見交換。深謝。

プロジェクト「PLATEAU」は、国、地方自治体、民間企業、研究機関等の多様な主体が相互に連携し、実世界の都市を仮想的な世界(サイバー空間)に再現する3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化が自律的に発展するエコシステムの構築を目指す取り組み。
来年度からは、これまでの「PLATEAUのポテンシャルを引き出す」ための実証から、「PLATEAUの価値を社会にもたらす」ための実装へとフェーズを進められます。
デジタル化の進展やテクノロジーの発達、コロナ禍などによる社会変容等、大きな時代の転換期を迎える状況下、ICTを活用した戦略的なまちづくりは極めて重要。共々に安心安全で魅力溢れるまちづくりを進め、SDGs、レジリエンスの理念の実現へ!更に連携を深めて京都・日本の未来のために全力投球する決意を新たに。

今月の記事

アーカイブ