門川大作OFFICIAL

活動日記

2022.12.06
大規模災害時に、通勤・通学・観光はじめ京都にお越しの方々の安全を地域ぐるみで守る!今日は京都駅周辺での通勤・通学・旅行者等の帰宅困難者対策訓練。京都鉄道博物館、ホテルエミオン京都、梅小路ポテル、京都梅小路花伝抄の4施設で実施。ウィズコロナの下、帰宅困難者を安全に避難誘導!ZoomやLINEを活用し、情報の伝達・共有を徹底!まさに実戦さながらの緊張感。立命館 仲谷善雄総長に部会長を務めていただいている「京都駅周辺地域都市再生安全確保計画部会」の主催で、交通事業者、社寺、ホテル、周辺施設等と京都市がしっかり連携して開催。ご尽力の皆さんに深謝。

京都市では、東日本大震災を教訓に、いち早く帰宅困難者対策を検討・実施。既に全市に50か所の緊急避難広場、127か所の一時滞在施設を指定し、また、障害者、妊婦さんへの対応など、民間施設と協定を締結し、ご理解、ご協力の下に訓練も含めて取り組んでます。
今日は、本年8月に新たに帰宅困難者対策の協定を締結した京都鉄道博物館、ホテルエミオン京都、梅小路ポテル、京都梅小路花伝抄の4施設で初めて訓練を実施。
施設から緊急避難広場(梅小路京都西駅)への避難誘導、一時滞在施設の開設・受入などをWEB、LINEによる各事業所への情報伝達を行いながら緊張感を持って訓練。外国人観光客役として留学生の皆さんもご協力。実に実践的!
京都市では、特に、京都駅周辺地域における安全確保計画が重要と考え、京都駅周辺地域の緊急避難場所は8か所、一時滞在施設は19か所に。
京都市全域において、それぞれ使命感の下に訓練等も実施。多くの事業者、大規模施設所有者等の皆さんのご尽力で、市民・観光客等の皆さんの安心安全を確保する取り組みが進んでいます。
今回の訓練を踏まえ、防災対策をより一層強化し、市民の皆さん、訪れる方々の安心安全の確保に力を尽くしてまいります。


今月の記事

アーカイブ